くわちゃん家の日記

ひろちゃん&りっちゃまの近況報告を中心に、くわちゃん家に起こった楽しいことを書いています。

お父さん、助かったよ

我が家の某所には、はるさんが買った日めくりカレンダーが鎮座しています。翻訳調の日本語ではあるものの、簡潔に子育てをする上での心構えや態度が実践的に、つまり具体的に書かれていて、ビシッと気が引き締まります。ママ向けのようですが、そのままパパにも当てはまります。

↑1日目から耳が痛い。ついつい片手間に聞いてしまう。いや、片手間にも聞いていないかもしれない。失礼だし、子どもには伝わるだろう。

これが出来たら、次はあれが。。。と子どもへの要求は尽きないもの。その気持ちはしょうがないとしても、態度は「よくやった!」でなければならない。

↑助けた、喜んでもらえた、嬉しい、という成功体験を与えるのかなぁと思います。考えてみると、僕がいましている多くのことは過去の成功体験があったから続けていることだし、一方で例えば音楽や工作などは成功体験がないからかやってみようと思わない。子どもの可能性を狭めるようなことは敢えて大人はする必要はないですよね。

↑子どもはひとつの人格を持った立派な人間。尊重しなければならないのでしょう。頭でわかっているだけではダメ。Blogで書いているだけではダメ。実践が大事、とこのカレンダーはおっしゃっています、たぶん。


そしてこのカレンダーは一ヶ月で元に戻るので、何度も刷り込まれる仕組みになっています。さりげない絵も、記憶の邪魔にならない、むしろ記憶に役立つような工夫をしていると思います。よくできたカレンダーだな、というお話でした。